いろいろな性病について

性病にもいろいろな種類がありますが、身近でかかりやすいものとしては、クラミジアやコンジローマ、カンジタなどが挙げられるでしょう。そのほかにも、淋病や梅毒、さらにエイズなどがあります。ヘルペスが性器にできることや毛ジラミといった病気も性病の一種とされます。症状の軽いものもありますが、中には不妊症や癌を引き起こす要因になったり、エイズのように死に至る病気もあり、性病に関しての知識をしっかりと持っておくことが大切といえるでしょう。

性病になる原因って?

性病にかかる大きな原因のひとつが、不特定多数のパートナーとの乱れた性行為です。こうした病気はピンポン感染するため、病気に気付いていなければどんどん感染者を増やしてしまうことがあります。風俗で性病に感染する人もいるでしょう。またキスやフェラチオなどのオーラルセックスだけでも感染することがあるので、注意が必要です。病気によっては銭湯などでうつったり、ヘルペスはタオルからウイルスが感染することもあるでしょう。

性病にかからないためには・・・

性病の予防としては、まず何より愛するパートナー1人とのみセックスすることが大切でしょう。乱れた性行為は性病にかかるリスクが高いといえます。またキスやフェラチオなどで感染することもありますが、コンドームを付けて性行為することで性病にかかる確率を低くすることにつながるでしょう。何か体調に異常を感じた際には、パートナーと一緒に病院を早めに受診することが重要です。早期発見、早期治療により、症状も軽くで済み、感染者を広げることも防げるのです。

クラミジアや梅毒といった性病にかかった事がわかった場合はすぐに泌尿器科等に行って診断をしてもらう事が大切です。

Categories: 未分類

Comments are closed.