包茎とは一体何か知っておこう

包茎という言葉は男性にしか関係ない言葉ですが、この言葉を聞くだけでドキッとする人もいるかもしれません。包茎というだけで恥ずかしい思いをしたり、銭湯に行くことができなかったりするわけですから、包茎の男性にとっては大きな悩みですね。包茎には完全に亀頭が皮をかぶってしまっている真性包茎と亀頭の半分だけ皮をかぶっている仮性包茎があります。日本人の仮性包茎の割合は約60%と言われていますが、真性包茎の人は約1%ほどの割合でいるということです。

包茎の何がいけないのか

では、包茎の何がいけないのでしょうか。よく、真性包茎の人は治療を受けて治したほうがいいと言われますが、どのような根拠からそのようなことをいるのでしょう。真性包茎の一番の問題点は、不衛生だということです。本来清潔にしておかなければならない陰部ですが、包茎の場合は中の物が空気に触れずに中に入りっぱなしです。それが原因で病気になってしまう人もいますし、また、真性包茎の状態でSEXをすると、皮が擦れてしまい、痛みを伴うことも考えられます。

真性包茎の場合は治療をしたほうがいい

真性包茎には様々な問題がありますが、やはり病気防止のためにも治療をしたほうがいいでしょう。手術をする場合には、麻酔をしますので痛みは感じません。手術後もあまり痛みを感じないという人が多いのですが、亀頭の部分は初めてお目見えすることができたわけですので、パンツの生地に当たると慣れない感覚が下半身を襲います。もちろん、慣れれば全く問題はないでしょう。手術代はおおよそ11万円から14万円程度になります。

包茎とは、男性の性器の先が皮に覆われている状態のことです。覆われている皮がどの程度むけるかによって種類が異なりますが、どの種類でも治療をすることで改善されます。

Categories: 未分類

Comments are closed.