二重まぶた形成術:埋没法

近年美容意識が向上したことによって、比較的安価で二重まぶたを整形できるようになりました。二重まぶたの整形施術にもいくつかの種類があり、予算や仕上がりなどによって埋没法と部分切開法、全切開法と選択できます。埋没法は、まぶたにメスを入れない方法で、まぶたの上に二重の線をデザインして、とても細い医療用糸でまぶたの裏を数か所縫い合せて二重まぶたをつくります。局所麻酔する上、切開しないので痛みがなく、腫れもほとんど出ないので施術当日の洗顔やシャワーもできます。理想的なラインにならない場合は、再度作り直すこともできます。

二重まぶた形成術:部分切開法

部分切開法は、まぶたが厚いため埋没法ではすっきりとした二重にできない、縫合していた糸が切れて、一重に戻ってしまう向けの方法です。まぶた表面に1cmから2cmほど部分的に切開し、まぶたの厚みや糸が切れる原因の箇所を処置してから縫い合せて二重まぶたを造ります。まぶたが厚い場合は切開した部分から脂肪を除去するといった処置をすることではっきりした二重ができあがります。ただ、切開するため、痛みが出たり、腫れるといったことがあり、抜糸する必要もあります。

二重まぶた形成術:全切開法

全切開法は、まぶたが厚いだけでなく腫れぼったい人や、幅の広い二重まぶたにしたい人向けの施術法です。希望する二重の線に沿ってメスを入れて切開し、余分な組織や筋を切ったり、まぶたの厚みの原因である眼窩脂肪を取り除いたあと縫合して二重まぶたをつくります。抜糸は部分切開法と同じくおよそ1週間後に行うことがほとんどです。希望する二重の線に沿ってメスを入れて切開するので、はっきりとした二重まぶたをつくることができる上、まぶた自体も厚みがなく、すっきりとさせることができます。ただ、切開するため、腫れや痛みが発生しやすいといえます。

結婚が決まった時に、処女であることが条件として求められることがあります。そんな時には專門の医療機関に処女膜の再生を依頼してみると素早く対応してもらうことができます。

Categories: 未分類

Comments are closed.